住宅ローン減税制度の最新情報

住宅ローン減税制度は、正式名称を『住宅借入金等特別控除』と言います。

住宅ローンを利用し住宅を取得する場合に、取得者のローン金利負担軽減を図るための制度です。住宅購入に際しては馴染みのある制度ですが、令和4年度の税制改正で制度内容が大きく見直されました。


これまでは、毎年末の住宅ローン残高の1%が原則として10年にわたって所得税や住民税から減税されるというものでした。しかし、現在の日本国の超低金利の状況下、減税額が実際の支払利息を上回るという「逆ザヤ」が生じていることが問題視されていました。


そこで、今回の改正で控除率は0.7%となり、新築住宅を対象とした控除期間は13年、制度期限は2025年までとなりました。



また、これまで4000万円が制度適用の借入上限額だった一般の新築住宅(マンション含む)は2023年までの入居で上限額は3000万円に引き下げられ、2024年以降の入居の場合はさらに引き下げられる予定です。中古住宅の場合は、控除率は0.7%、控除期間は10年、借入限度額は一般住宅の場合2000万円で、1982年以降に建築された住宅が適用の対象です。


その他要件の変更点として、対象者の所得条件が3000万円以下から2000万円以下と厳格化されました。一方、住宅の床面積については原則50㎡以上が要件ですが、当面の間40㎡以上へと緩和されています。ただし、この場合の所得は1000万円以下との条件付きです。



物件価格を全額ローンを組んだ方がよいか、又は、一部頭金を入れた方がよいのか…

利息の負担額合計は?減税額の合計はどれくらい?月々返済額は?家計への圧迫具合は?

住宅ローンは、何十年ととても長いお付き合いになるので、返済中にはライフイベントも盛りだくさん、ライフステージの変化も次々訪れます。ライフプランニングを通して決めることが不可欠です。


#ライフプラン#住宅ローン#頭金#住宅資金#住宅ローン控除#老後資金#物件価格


 



閲覧数:16回0件のコメント