住宅ローンとリフォームローンについて

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの平田純子です。

今日は、住宅ローンとリフォームローンについてお話します。


リフォームの費用は100万円程度~1000万円以上とその規模は様々です。

ローン利用を検討するケースも多いでしょう。


リフォームするから『リフォームローン』と決めつけてしまうのはちょっと早いかも!?

リフォーム費用も『住宅ローン』で組むことができます。


リフォームローンと住宅ローンの違いって!?




リフォームローンの特徴

・無担保で借りられる。

・審査が通りやすく、結果がでるのも早い

・借入上限額が低い(概ね1000万円まで)

・金利が高い(2~5%)

・借入可能期間が短い(概ね最長15年)


住宅ローンの特徴

・担保が必要

・審査が厳しい傾向があり、結果がでるのも時間がかかる

・借入上限額が高い

・金利が低い(1~2%)

・借入可能期間が長い(最長35年)


では、どのように使い分ければよいでしょうか。




以下のケースは住宅ローンの利用がお勧めです。


①中古物件購入+リノベーションをする場合

⇒リノベーション一体型ローン

 (住宅ローンの条件でリノベーション費用もセットでローンが組める)


②住宅ローンの返済が残っている+リフォームする場合

⇒リフォーム一体型ローンに借り換える

 (住宅ローンの条件でリフォーム費用も組み込んでローンが組める)


③1000万円以上のリフォーム費用のローンを組みたい

⇒概ね住宅ローンの条件でローンが組める


ただし、リフォーム費用の住宅ローン利用に関しては、

審査が厳しいことに加え選べる金融機関が限定されること、

審査の際にリフォーム(リノベーション)図面の提出が必要となるなど、

注意点がありますので事前に情報収集を念入りに行いましょう。


一方、数百万円程度のリフォーム資金のローンを組みたい場合は、

リフォームローンの利用が手軽でよいでしょう。


いずれにしても、

ローンを組む場合は返済開始から完済までの期間の

月々の返済額とその他家計収支のバランスを見て

無理はないか慎重に見極める必要があります。

閲覧数:6回0件のコメント