東京マンション選びのポイント <ポータルサイトでの物件探し>

㈱ハチハウス、宅地建物取引士の青木です。

中古マンションを選ぶ時、不動産屋の店頭で相談ではなく、大手の不動産ポータルサイトで探す人が多くなりました。

販売されている多くの物件を幅広く、素早く検索できることは大変便利。ただし、ポータルサイトだけで本当に希望する暮らしが実現できる物件に出会えるか、私は注意すべき点があると考えています。

物件を検索する際、まずは条件を選択します。価格、エリア、築年数、駅からの徒歩分数、方角など。

もちろん初めは希望条件や数字を入力して良いと思います。でも入力だけではでは出会えない物件もあります。



たとえば、築年数。以前私の会社が携わったリノベーションマンション。築45年でしたが、リノベ工事の際に構造(柱や梁など)のみ残して全て解体、新築。残した構造も必要なところは全て丁寧に補修をしたため耐震化、給排水管なども全て新しくなりました。見た目だけでなく中身もほぼ新築。しかもリノベ物件のため新築より割安です。 しかしサイトでの掲載はあくまでも築45年。新築や築浅の物件を探している人の検索結果には出てきません。


またアクセス。駅から徒歩15分以上の物件は敬遠されがち。 しかし、もしかしたらバスの運行がとても便利かも!都心では20分に一本しか無いバス運行もあれば、3分に1本あるエリアも。渋滞の懸念もありますが、リモートワークの増えている現在、徒歩時間だけで排除してしまうのはもったいない!



そして、方角。陽当りの良い部屋は誰でも望みます。しかし、南向きでも目の前に隣の建物があり暗かったり、逆に北側でも高層階であればとても明るいお部屋もあります。北側に緑地などのきれいな眺望がある場合、南からの日光があたり草木が大変美しく見えることも。



いずれにしても、条件をあまり沢山入れすぎないことや、そのエリアの物件に詳しい不動産屋に相談するなどアナログな手段も検討してみることをおすすめします。oaoでは、提携会社とともに、皆様の理想の暮らしを叶えるリノベを前提とした物件をご提案することが可能です。是非ご相談ください!


#マンション選び #東京マンション #マンション探し #東京不動産 #中古マンション #新築マンション #リノベーションマンション #リノベマンション #宅地建物取引士 #oao #マンション管理 #マンション管理組合 #マンション理事 #マンション理事会


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示