top of page

空間を左右する照明計画

照明はお部屋の雰囲気を左右させます。

今回は照明(器具や配灯)についてお話します。


ここ数年、ダウンライトで計画しているお家が多いな~と思ってます。

LDK、主寝室、子供部屋etc.すべてダウンライトで計画をしているお宅もあったり。

確かにダウンライトで計画をするとちょっとおしゃれにみえたりします。


でも!すべてダウンライトで計画してしまうと生活しづらくなってしまうところがあります。ダウンライトって照明を直接見ると眩しいんです。


まず、寝室。

ダウンライトで計画をする場合、足元になる壁際に配灯します。枕に近いところや部屋の中心に配灯してしまうとベッドに寝転んだ時に眩しくて仰向けではいられないです。

ただ足元にダウンライトを配灯した場合、模様替えがしにくくなってしまいます。

寝室で寝る人数の上下に合わせてベッドの位置、向きを変えるというのがしにくくなります。

寝室は間接照明やブラケットライト、スタンドライトで計画するのがおすすめですよ。


寝室間接照明
引用:大光電機施工例より

大光電機 HP


次に子供部屋。

子供部屋も寝室同様、寝ることを考えるとダウンライトはおすすめしません。

また、遊ぶだけでなく勉強するところでもあるのでダウンライトと勉強机の配置によっては影になってしまい見づらくなってしましいます。

子供部屋は調色のできるシーリングライトがおすすめです。

おしゃれなシーリングライトもあるのでぜひチェックしてみてください。


おしゃれなシーリングライト
引用:YAMAGIWAより

最後にLDK。

ダウンライトを配灯してスッキリおしゃれな空間に仕上げるのもおすすめですが。

ぜひ間接照明やペンダントライト、ブラケットライトなどを配灯しておしゃれな空間にすることをおすすめします。

間接照明は空間に柔らかなあかりを灯します。ゆっくりと過ごしたいリビングにおすすめです。

ペンダントライトは部屋のワンポイントになります。ダイニングテーブルの上部に吊るしたり、キッチンのシンク上に手元照明として吊るすのもおしゃれです。

足りないところの照明をブラケットライトやスタンドライト、ダウンライトで補ってあげるととても上質な空間になりますよ。


ペンダントライト
引用:YAMAGIWAより

YAMAGIWA HP


oaoではインテリアデザイナーと建築士が話し合いながら間取りとともに上質でおしゃれな照明計画のご提案をします。

ぜひ住み替えやリノベーションのご相談はoaoへお問い合わせください。

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page