top of page

名作を1つだけ傍に!


北欧の名作チェア ウェグナーのシェルチェアch07

インテリアデザイナーのツジです。

みなさんの日常の中に「名作」とか「逸品」は、ありますか?

例えば、

名作と呼ばれる小説であったり、

カップ&ソーサーであったり、

万年筆のような文房具、

バッグであったり、

自転車であったり・・・

どんな物にもその世界における名作や、逸品はありますよね。


何から何まで逸品をそばに置かなくても、

自分にとってこれにはこだわりたい!とか、

これに憧れてた!っというものが1つはあるのではないでしょうか。



インテリアの世界にもたっくさんありますよ。

絵画などのアートはもちろん、

椅子、

照明器具、

時計、

オブジェ、

ジュータン、

それ以外にもキッチンのオーブンなどの家電とか。

マニアックなところでは

襖の引き手とか・・・・。


共通してるのは、その商品が誕生してから今までずっと人々に

愛され続けているってことですよね。

一時的に爆発的な人気を誇るものもあって、それはそれで時代の気分をしっかり

掴めた人や物として素晴らしいのですが、

ブームが去っても一定のファンが消えないのが名作なのではないでしょうか。


ヤコブセンのデザインした時計 北欧インテリア
ヤコブセンの時計 コーディネートの実例


お高くても、欲しいと思う理由がそこにあるんですよね。

何か1つ持っていたら豊かな気持ちになれそうですね。

えー、別にないしー・・・という方には、

私は、椅子をお勧めします。

実生活の中で自分を毎日受け止めてくれるものですし、

長く使えるものだから。

そして、椅子の佇まいってなんとなく人を感じさせるんですよね。

各部の名称も、椅子の脚、とか、椅子の肘、椅子の背、と呼ぶように

人間と同じ名称をつけて呼んでますよね。



ダイニングチェアでもいいですし、

パーソナルチェアのようなくつろぎのチェアでも良いと思います。

椅子のデザインを人のキャラクターに置き換えて

お気に入りを探してみてはいかがですか?

なんか、ナチュラルで素直そう!とか

ふんわりしてるけど、実はしっかりしたホールド感で頼り甲斐がありそう!とか、

個性的で付き合うの難しそうだけど、そこが面白そう!とか。


次におすすめはテーブルライト。スタンド照明ですね。

デスクの上とか、ベッドの横のナイトテーブルの上とか。

今は、usbで充電する小型のポータブルタイプもいろいろあります。

光って、人の幸福感にダイレクトに作用すると思います。

光の色味などによって交感神経を優位にさせるか副交感神経を優位にさせるか

違ってきます。

秋の夜長や、寒い夜なんかは、なんとなくオレンジ色の優しい光がついているだけで

体感温度がちょっとだけ上がりそうですよね。


スタジオノイ Atollo  table lamp

そして、椅子も、スタンドも、長く使うことで「愛着」という付加価値が増していくのです。それは、他の人には作れないものです。


現代の人は、外に出れば神経を使うことが山ほどあります。

家に帰ってきた自分の心と体を自分で揉みほぐしてあげるって大切だと思います。

私も若い頃はあまり考えなかったけど、もっと家の中で

自分を快適にしてしてあげてたら良かったと思います。

なんのために働いてるのか?多くの人が今以上の自分になりたいとか、

家族のためにもっと稼ぎたいとか、いろいろあると思いますが、

自分のために好きな椅子1個くらい買ってあげても、いいと思いますよ!

これからは自分へのご褒美は、外へ行くときに付ける宝飾品や美味しいものに加えて

「毎日の暮らしを豊かにするもの」もリストに入れてみてください。

お勧めは、名作を1つだけ傍に!きっと満足度が高いと思います。

それではみなさま、どうぞお幸せに!


マンションのインテリアコーディネート実例 リヤドロを飾る。
リヤドロを核にコーディネートした寝室の実例

マンションの住み替えをお考えの方や、マンションリノベをお考えの方へ。

一般的な資産価値としての評価ではなく、自分に1番合うマンションや、1番暮らしやすいリノベをお探しでしたら、私たちにご相談ください。

暮らしにまつわる各種のプロ(一級建築士・インテリアデザイナー・マンションリフォームマネージャー・ライフオーガナイザー・宅地建物主任など)がチームでコンサルティングします。お気軽にお問い合わせください。

私たちからのメッセージもぜひ、下記よりご覧ください。

https://www.oao-life.com/message


oao(オアオ)

千代田区九段南1−6−5 九段会館1階

one.and.only@oao-life.com




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page