物を沢山持つ不自由さからの解放!それは人生のリノベ。




インテリアデザイナーのツジです。マンションリノベがブームです。

oaoにも、リノベのお問合せや、ご依頼が届いています。


私たちは、他のリノベやさんと異なるアプローチをします。

プランニングをする前に、 oaoのライフオーガナイザーがお客さまのご自宅にお伺いして、所持品の量や、お片付けの現状を把握します。お片付けのコンサルだけでなく、実際に、6時間ほどお片付け作業をさせていただきます。

その情報をもとに、 リノベのプランニングを始めます。


普通でしたら、

「洋服は、多いですか?」「はい多いです」とか、

「玄関の収納が足りないので増やしてください。」

「はい、玄関の横に物入れを作りましょう」といった程度のやり取りになると思います。


でも、それではダメだと気がつきました。

「玄関には何を入れるのですか?」

「その最適な所持する量はどのくらい?」

と、細かく検討する必要があります。


そして長年の経験から、最近つくづく思うのは、「物をたくさん持つ不自由さ」。

物入れや、クローゼットを広くすればするほど、その物を管理する労力が必要になります。

お片付けの苦手な人が、片付ける物量を増やすことになるのです。

なので、まずはプランニングの前に、そのご家族の適正な物量をお客様と共に認識する必要があるのです。


「リノベするのに、どうして今の家のお片付け?」と思われるかもしれませんが、より良いリノベを実現するには、絶対に取り組む価値はあります。ご自身でトライするのも良いと思います。でも、なかなかどこから手をつけて良いかわからない。。。先に進まない。。。という方は、私たちにご相談ください。


ちなみに、私はあまり物を欲しがらないタイプです。テレビショッピングで、何か買ったことはないです。家電もあまり興味がないです。

先日、お客様にたくさんデコポンや、清見オレンジなどいただきました。これは、生搾りのオレンジジュースが何日も楽しめるな〜贅沢〜と、思いました。高級ホテルで飲んだら1杯二千円です。でも、ジューサーは持ってないので、昔ながらのガラスのレモン絞りで。場所も取らないし、洗うのも簡単。シンプルなアナログ生活です。昭和な感じって笑われちゃいそうですね。でも、電動のジューサーより「私にとっては」楽です。






なんとか人に物を売ろうとしている人や宣伝に煽動されず、自分に本当に必要なものはなんなのか?しっかり考えながら買うようにすると、自分らしい暮らしが見えてくるように思います。


暮らしを見直して、人生を変えてみたい…そんなリノベを望むなら、お金、設計、インテリア、お片付けのプロフェッショナルなチームにお任せください。










閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示