top of page

湿度とインテリア




本格的な暑さの中、少しでも涼しく快適に過ごせるグッズが沢山出ていますね。

最近ではハンディファンを手に持って歩いている人を良く見かけますが、じめっとした日本特有の暑さはクールグッズだけでは賄いきれない部分も感じます。



部屋の中での快適性は空調設備を使うのはもちろん、それ以外でも建築段階から取り入れる事の出来る工夫があります。


まずは、床材や壁材。



無垢材のフローリングや漆喰壁にも空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、湿度が低いときには水分を放出するという「調湿作用」があります。

どうしても価格は高くなってしまいますが

手に触れた時の触り心地も良い為、上質な空間造りの手助けとなります。


もう少し手軽に取り入れたい場合は

エコカラットと呼ばれるタイルも人気です。

匂いの吸収効果もある為、玄関やトイレなどに施工するのも人気です。



その他に

カーテンなどのファブリック製品でも対策が可能です。



ドレープカーテンには様々な機能がありますが

遮熱・断熱機能を選ぶ事で室内の気温上昇を抑えてくれます。

また、レースカーテンにはUVカット機能を備えた物もあるので、昼間のドレープカーテンを開けている時間も効率よく室内の環境を整えてくれます。


エアコンなどの設備だけでなく家造りの段階から

快適な空間造りを考えてみると過ごしやすいお家造りに一歩近づけるはずです。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page