top of page

リバースモーゲージとは

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの平田純子です。

今回は、リバースモーゲージについてお話します。


リバースモーゲージとは、自宅を所有している人が自宅に住み続けながら、その自宅を担保に資金の借り入れを行う制度です。契約者が亡くなった後に、担保となっている自宅を売却して借入金を清算、又は、相続人が手元資金や相続財産などの資金で借入金を清算する仕組みです。自宅を担保にお金を借り入れるという意味では住宅ローンと同じですが、住宅ローンの場合は、元金と利息の合計額を毎月返済してく一方で、リバースモーゲージは、契約期間中の月々の返済は利息のみという点が住宅ローンと異なります。



リバースモーゲージは、一般的に、60歳以上の方が対象で、自宅の評価額の50~80%程度が融資の上限となり、銀行など民間の金融機関や、住宅金融支援機構や都道府県の社会福祉協議会などの公的機関が扱っています。公的機関と民間の金融機関で異なる点は金利と借入れの条件で、公的機関は民間に比べ金利が低く設定される傾向がある反面、資金の使用用途が老後の生活資金に限られているなど、融資の条件の面で厳しい傾向があります。また、マンションを取り扱っている機関がほとんどなく、自宅を所有していると言っても、マンションでの利用は難しいのが現状です。



リバースモーゲージは、老後資金の不足を補えるというメリットもある一方、デメリットやリスクもあります。多くのケースで変動金利が適用となるため、金利が上昇すれば月々の返済負担が増加するリスクがあります。また、担保評価額が基本的に毎年見直されるので、自宅の担保価値が下がって融資可能額が下がり、結果的に、融資額が融資可能額を上回り、超過分を手元資金で返済しなければならない事態になることもあります。そして、契約期間と寿命との関係についても慎重に検討する必要があります。メリット・デメリットを十分に理解し利用を検討するようにしましょう。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page