top of page

ドル建て保険とは

こんにちは。

ファイナンシャルプランナーの平田純子です。


ドル建て保険とは、保険料の支払いや保険金の受け取りをドルで行う保険です。


円と比べ、ドルの方が金利が高いため、円建ての保険よりも貯蓄性に優れている点、

また、毎月支払う保険料や受け取る保険金や解約返戻金の金額が為替相場の影響を受ける点

が最大の特徴です。

支払った保険料よりも多くの金額を受け取れることもあれば、逆に支払った保険料を下回る金額しか受け取れない可能性もあります。



ドル建て保険のメリットは、円建ての保険と比較して保険料が安く、貯蓄性も高いことです。

また、貯蓄性の保険を契約していると、ドルで資産を保有している状態となり、万が一、日本円の価値が下がった時でも資産全体の目減りを防ぐことができます。


一方、デメリットは、多くの商品がドルベースで元本保証されているものの、円に換算した時の元本保証がない点です。

また、保険料支払いの際は円からドルへ、保険金などの受け取りの際はドルから円へ、換金するための為替手数料が発生します。

そして、為替相場の影響により、毎月の保険料金額が変わるため、住宅ローンや教育費の負担が大きい世帯などで、家計収支に与える影響が大きい点も見逃せません。




ドル建て保険に向いている人とは、

元本割れや保険料負担の変動に動じない資金力があり、かつ、リスクをとって資産を増やしたいという人です。

一定以上の資産を保有している人にとっては、インフレリスク対策やドルへの資産分散という面でもお勧めできます。

また、将来、旅行や移住、海外勤務など、ドルを使用する機会があるという方にもよいでしょう。


逆に、為替リスクになじみがない人やとにかく元本割れを避けたい人、そして、長期間の加入が難しい人にはドル建て保険はお勧めできません。



保険も立派な運用商品です。勧められたからと言ってよく理解できない状態での契約はとても危険です。

特に、最近、銀行の窓口でドル建て保険を勧められるケースが多いようですが、勧めている窓口の方も保険営業が本業ではない点を踏まえると、さらに慎重になるべきです。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page