インテリア環境と健康の関係




暮らしに対するインテリア環境は視覚的な影響だけではなく

健康にも影響しているのではないか、と医療の場でもインテリアの重要性が考えられてきています。

より身近な住まいの環境はどのように影響していくのでしょうか?


まず、照明(光)の影響力はすごく大きいと考えられています。



明るさや光の色などもシーンを演出する為だけで無く、精神状態や体調にも影響を与えると言われています。

片頭痛に悩まされていた患者さんが生活環境の明かりを見直した事によって、症状が和らいだと言う報告も上がっています。

過剰な明るさでは無く生活環境に合った計画を見すと良いでしょう。


また、壁や天井などの仕上げ材も部屋の中でも大部分を占めているので、当然影響が大きい物と考えられます。




壁や天井にはビニルクロスが貼られる事が多いのですが、近年では珪藻土や化学物質を含まない自然素材のクロスなどを選ばれる方も増えています。


美観的なこだわりでインテリアを充実させるだけでなく、生活環境をインテリアで整える事を意識するのも大切ですね。

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示